何故Webサイトに戦略的に力を入れるべきなのか??

2013.5.9|Web戦略支援とは

このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴールデザインフォースが日々提供しているサービスや商品の中心はWebサイトの改善やPPC広告等を使って狙ったターゲットユーザーを集めて売上や問い合わせを増やしていくというWeb戦略支援です。何故Webサイトに戦略的に力を入れるべきなのか??ここではそれをお伝えします。

 

 

何故今Webサイトに戦略的に力を入れるべきなのか??

メリットとデメリットを可視化する事で取り組む理由を明確化します

 

 

 ゴールデザインフォースが日々提供しているサービス・商品の中心はWebサイトやWeb広告等を使って狙ったターゲットユーザーを集めて売上や問い合わせを増やしていくというWeb戦略支援です。何故Webサイトに戦略的に力を入れるべきなのか??ここではそれをお伝えします。

 

 今皆様はご自身のビジネスにWebサイトを活用されていらっしゃいますでしょうか??既に活用されている方も、まだされていない方も、何故Webサイトに戦略的に力を入れるべきなのか、WebサイトやWebマーケティングの特徴を改めて可視化させて考えます。

 

  • [1]365日24時間自社のサービスを知ってもらう事が可能である事(Webマーケティング・検索エンジン)
    • 事例としては、東京都の中央区にある美容事業のクライアント様は、「目の下のくすみを気にされているお客様だけを集める」と言った事が可能である

 

  • [2]狙ったターゲットユーザーや見込み客だけを集める事が可能である事(Webマーケティング・PPC広告)

 

  • [3]プロの営業マンのように統計データに基づいた一番効果的な営業トークを代行して行ってくれる事(Webサイト・Webコンテンツ)

 

  • [4]多くのノウハウを入れたり個人的な考えも情報としてWebサイトのページに追加していく事で一度知り合って営業等を行った方々にその時に契約に至らなくても営業後にWebサイトを見てもらった時に営業時に過ごした時間以外にも様々な情報をお伝えする事が出来その結果共感や親近感を得て二次的な契約率を高める事が可能である事

 

  • [5]効果測定が行いやすくその為費用対効果も分かりやすく売上や問い合わせの改善を金額等に数値化して置き換える事が出来る(Webサイト・Webマーケティング・Webアクセスログ解析)

 

  • [6]ソーシャルメディアと連携させる事で顧客と中長期的な関係を続ける事が可能であり結果ライフタイムバリューの改善も行っていく事が出来る(Webマーケティング・ソーシャルメディア)

 

  • [7]ソーシャルメディアを活用する事で、第三者話法・社会的比較理論を取り入れる事が出来、口コミによる集客が期待出来る事(Webマーケティング・第三者話法・社会的比較理論)

 

  • [8]双方向のやり取りが可能な為、サービス商品戦略や営業戦略にターゲットユーザーの声を取り入れる事でより顧客の立場に立った改善を行っていく事が可能である(Webマーケティング・双方向性)

 

  • [9]会社という組織で対外的な情報をWebサイト等を使って発信をしていく事で二次的な効果として会社のメンバー全員で会社の改善を考え行動していく事が始まり結果組織戦略にも有効である事(Webサイト・Webマーケティング・組織戦略への効果)

 

  • [10]Webサイトのページ数等を増やしていく事でWebサイトを自社の資産にしていく事が出来積み重ねていく事が可能である事(Webサイト・資産価値)

 

  • [11]設備投資等の費用がかなり低く対策を行っていく上でリスクが少ない事(Webサイト・Webマーケティング・費用対効果)

 

 こうやって見てみると特徴的なメリットが沢山あります。特に[10]は重要かと思います、要するに中長期的にやればやっただけ売上や問い合わせに繋げていく事は可能である事です(もちろん取り組み方に問題がある時は別ですが)。

 

 大企業でも、中小企業でも、Web・ネットという場所では、戦い方を考えればお互いにとってより優位な戦い方が出来ます。またユーザーにとっても無理に会社側から営業をかけられるのではなく必要な時に必要なサービス商品を利用したり購入したり出来る、これはとても素晴らしい事だと思います。皆にとってより良い状況を作る事が出来ます。

 

 会社や経営者・社長の方々がWebサイトを中心に集客をしようと判断をする事、それは間違いのない判断の1つです。しかし世の中のIT・Web関係会社は自社の利益しか考えず、また営業マンの経験が浅く、適切な提案を行っておらず、「IT・Web関係会社の営業はひどい」という認識をお持ちの方々も沢山いらっしゃると思います。そういった時は是非一度弊社にご連絡をください。無理な営業は100%しません。

 

 お客様を最優先に考えた客観的な視点で一番最適なご提案を行っております、ゴールデザインフォースはお客様のゴールをデザインしていく力でありたいと考えています。

 

  

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。