Web戦略における経営コンサルティングやビジネスモデルの重要性

2013.5.8|Web戦略支援とは

このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴールデザインフォースのWeb戦略支援は経営コンサルティングをベースにしています。対象事業にもよりますが、より良いビジネスモデルも考えた提案や改善を行っています。ここではWeb戦略におけるビジネスモデルの重要性を記載させていただきます。

 

 

Web戦略におけるビジネスモデルの重要性

経営コンサルティングをベースにしているからこそWeb戦略が一層活きてきます

 

 

 

 ゴールデザインフォースのWeb戦略支援は経営コンサルティングをベースにしています。対象事業にもよりますが、より良いビジネスモデルも考えた提案や改善を行っています。ここではWeb戦略におけるビジネスモデルの重要性を記載させていただきます。

 

  ビジネスモデルはゴールデザインフォースの中の経営コンサルティングの戦略面ですと

  • [1]経営戦略
  • [2]サービス商品戦略
  • [3]営業戦略
  • [4]組織戦略

 の中の[1]経営戦略の中にあります。

 

 ビジネスモデルとは言葉の通り「事業そのものと事業と対になる収益の仕組み・構造」を指します。この言葉は大変重要です、何故なら、ビジネスモデル自体が儲からないものだと、幾らそこに人や物や金や時間を投下しても儲からないからです。一番最初のゴールとなるゴール設計書自体が間違っているという事です。

 

 Webが出現してからの近年は、特にサービス商品のコモディティ化が激しく、以前は儲かっていた市場や営業方法でも、すぐ儲からなくなる可能性があります。故にビジネスモデル自体を常に経営コンサルティングのノウハウを基にして改善やPDCA管理を行っていく必要があると言えます。

 

 もちろん事業により色んな要素があるので一概には言えませんが、経営コンサルティングの事例としては以下のような要素を含んでいるビジネスモデルは生き残りやすいのではと言えます。

  • [1]沢山のお客様から成り立つ継続的な収益構造を持っている
  • [2]お客様との関係が良好である、リピーターを増やしていける力がある
  • [3]競合他社と金額勝負ではない訴求力を持っているサービス商品がある
  • [4]販管費が少ない、ITを利用する事で人件費等を抑える
  • [5]競合他社と被らない営業戦略やマーケティングを行っている

 

 私が言うのもおかしいかもしれませんが、一時期のSEO等もそうですが「このサービスや技術を導入すれば売上が上がる」なんて話はなかなかありません、あってもすぐ廃れます、何故なら皆がそのサービスや技術を導入すれば同じ土俵に立つ事になり差別化が出来ないからです。

 

 これから重要なのは、ダイエット等と同じように「やれば良い事は分かっているけれどもなかなかやれないという事をずっと続ける事」です。継続は力なり、この事自体は誰でも知っていますが皆やりません、それは大変だからです。積み重ねを丁寧に行っていく、常にPDCA管理を行っていくという事がこれからのビジネスモデルには求められます。ビジネスモデル自体に良さがなければ幾らWeb戦略支援を行っても、短期的には売上が伸びるかもしれませんが中長期的には厳しい状況が待っています。

 

 経営コンサルティングを基にしてビジネスモデルを補完するようなWeb戦略が実現していく事が小手先のテクニックに留まらない事業の生き残りをかけた本質的な力となります。

  

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。