バリュープロポジション(用語集)

2013.9.8|経営戦略 用語集

このエントリーをはてなブックマークに追加

 バリュープロポジション(ばりゅーぷろぽじしょん)とは、会社(自社)が競合他社と一番被らず価値をターゲットユーザーに提供出来るサービス・商品。バリュー・プロポジションを構築する事でターゲットユーザーにも明確な価値を提供出来競合他社との差別化が可能になる。

  

 

バリュープロポジション(用語集)

意味

 

 

 

  • 読み
    • バリュープロポジション

 

  • 意味
    • バリュープロポジション(ばりゅーぷろぽじしょん)とは、会社(自社)が競合他社と一番被らず価値をターゲットユーザーに提供出来るサービス・商品、バリュー・プロポジションを構築する事でターゲットユーザーにも明確な価値を提供出来競合他社との差別化が可能になる
    •  現代では、様々なターゲットユーザーの市場は成熟化とWebの普及によるコモディティ化(均一化)が進み、会社間の競争はより一層激しくなっており、ターゲットユーザー側から会社のサービス・商品を見ると「どの会社からサービス・商品を契約・購入しても同じ」という状況になりつつある、こうした中で、会社はターゲットユーザーが本質的に求める価値を分析、把握をし、競合他社に勝てる強みがある部分にて、サービス・商品を提供する事で、ターゲットユーザーに「何故競合他社のサービス・商品ではなく自社のサービス・商品を契約・購入する必要・メリットがあるのか」を提案していく事が求められている
    • 多くの場合、会社は安易な金額の値引きに走りがちだが、ターゲットユーザーの全てがゴールや目的の上位に安さを上げていない場合もある、ターゲットユーザーの求める本当のゴールや目的を理解してその為のサービス・商品を提供する事が重要と言える

 

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。