3C分析(用語集)

2013.5.15|用語集

このエントリーをはてなブックマークに追加

3C分析(さんしーぶんせき)とは、Customer(市場・顧客)、Competitor(競合他社)、Company(自社)の3つの言葉の頭文字であり自社や事業部等がどのような経営環境に置かれているのか現状を状況を分析し経営課題発見、戦略代替案の発想等に活用する考え方、フレームワークである。

  

 

3C分析(用語集)

意味

 

 

 

  • 読み
    • ざいあんすこうか・たんじゅんせっしょくこうか

 

  • 意味
    • 3C分析(さんしーぶんせき)とは、Customer(市場・顧客)、Competitor(競合他社)、Company(自社)の3つの言葉の頭文字であり自社や事業部等がどのような経営環境に置かれているのか現状を状況を分析し経営課題発見、戦略代替案の発想等に活用する考え方、フレームワークである
    • 例えば、Customer(市場・顧客)、Competitor(競合他社)の外部環境分析から、その事業でのビジネスのKSF(key success factorの略・成功要因)を発見し、続いてCompany(自社)分析によって自社の現状とKSFとのギャップを捉えて戦略を策定し、主にマーケティング分野等で活用されていたものが広く経営分析ツールとして広がった

 

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。