ザイアンス効果・単純接触効果(用語集)

2013.5.8|用語集

このエントリーをはてなブックマークに追加

ザイアンス効果・単純接触効果(ざいあんすこうか・たんじゅんせっしょくこうか)とは、人は繰り返し接すると好意度や印象が高まるという効果を指す。1968年、アメリカの心理学者ロバート・ザイアンスが論文にまとめ知られるようになった。

  

 

ザイアンス効果・単純接触効果(用語集)

意味

 

 

 

  • 読み
    • ざいあんすこうか・たんじゅんせっしょくこうか

 

  • 意味
    • ザイアンス効果・単純接触効果(ざいあんすこうか・たんじゅんせっしょくこうか)とは、人は繰り返し接すると好意度や印象が高まるという効果を指す、1968年、アメリカの心理学者ロバート・ザイアンスが論文にまとめ知られるようになった
    • 人はある特定の情報等を何度も見たり、聞いたりすると、次第に良い感情が起こるようになってくるという事
    • 例えば、よく会う人や、何度も聞いている音楽は、次第に好きになっていく、これは見たり聞いたりする事で作られる潜在記憶が印象評価に誤って帰属されるという知覚的流暢性誤帰属説で説明されている、また潜在学習や概念形成といった働きにも関係していると言われる
    •  
      図形や、漢字、衣服、味や匂い等、多くのものに対して起こる
    • 広告の効果も、単純接触効果による所が大きい、CMでの露出が多い程ザイアンス効果・単純接触効果が起きて、良い商品だと思ったり欲しくなったりする 

 

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。