社会的比較過程理論(用語集)

2013.5.8|用語集

このエントリーをはてなブックマークに追加

社会的比較過程理論(しゃかいてきひかくかていりろん)とは、アメリカの心理学者であるレオン・フェスティンガーが提唱した理論。第三者話法の理論に近い。

  

 

社会的比較理論(用語集)

意味

 

 

 

  • 読み
    • しゃかいてきひかくかていりろん

 

  • 意味
    • 人は自らの考えや能力を評価しようという自己評価の行動があると設定する
    • 社会的比較過程理論(しゃかいてきひかくかていりろん)とは、アメリカの心理学者であるレオン・フェスティンガーが提唱した理論、第三者話法の理論に近い
    • 自己評価の為の客観的な基準が見つからない場合には、他者の考えや能力と比較を行う事により自己評価を行う事が多い
    • 他者と比較をしようとする可能性は他者との考えや能力や親密さに差がある程低くなる
      • 事例としては、あるサービス商品を契約・購入する場合、通常は自分で商品を見て自分で判断をする
      • その場合自分だけでは判断が出来ない場合、他社の考えを当てにして評価する傾向がある、例えば第三者が良く買っていますという話や友達等から自分も使っているから良いと言われるとそのサービス商品への判断が良くなり契約・購買意欲が増す
      • その時の他者が、友達等自分と能力や考え方が近い他者程、判断への影響が高く、全く知らない人だったり年齢等に大きな差があったり異性である場合には、判断への影響が低くなる 

 

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。