AMTUL理論

2013.5.3|用語集

このエントリーをはてなブックマークに追加

AMTUL理論(あむつーるりろん)とは、消費者の購買決定プロセスを説明するモデルの1つ、AIDMA理論やAISAS理論と比べるとより中長期的なマーケティングの視点に立った消費者心理・行動理論と言える。

  

 

AMTUL理論

意味

 

 

 

  • 読み
    • あむつーるりろん

 

  • 意味
    • AMTUL理論(アムツールりろん)とは、消費者の購買決定プロセスを説明するモデルの1つ、AIDMA理論やAISAS理論と比べるとより中長期的なマーケティングの視点に立った消費者心理・行動理論と言える
    • AMUTUL理論は以下の消費者心理・行動の流れから成り立つ
      • 認知(aware)
      • 記憶(memory)
      • 試用(trial)
      • 本格的使用(usage)
      • ブランド固定(loyalty)
    • 各段階において、「再認知名率」「再生知名率」「使用経験率」「主使用率」「今後の購買意向率」といった指標でマーケティング調査を行う事で消費者に対するコミュニケーション目標を達成出来たかを定量的に効果測定を行っていく事が出来る
    • なお、再認知名率は、ブランド名を与える事により製品として認知出来るかを確認する事(該当ブランドの製品を知っているか?)、再生知名率はブランド名を記憶しており助けを借りずにブランド名を挙げられるかを確認する事(該当製品カテゴリーではどのブランドが好きか?)で、数値化が可能である 

 

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。