AIDMA理論(用語集)

2013.5.1|用語集

このエントリーをはてなブックマークに追加

AIDMA理論(あいどまりろん)とは、1920年代にアメリカ合衆国の販売・広告の実務書の著作者であったサミュエル・ローランド・ホールが自身の著作中で示した広告宣伝に対する消費者の心理のプロセスを示した略語である。

 

 

AIDMA理論(用語集)

意味

 

 

 

  • 読み
    • あいどまりろん

 

  • 意味
    • AIDMA理論(あいどまりろん)とは、1920年代にアメリカ合衆国の販売・広告の実務書の著作者であったサミュエル・ローランド・ホールが自身の著作中で示した広告宣伝に対する消費者の心理のプロセスを示した略語である
    • AIDMA理論においては、消費者やターゲットユーザーがあるサービス・商品を知って購入に至るまでには次のような過程、流れがあるとしている
      • Attention(注意)
      • Interest(関心)
      • Desire(欲求)
      • Memory(記憶)
      • Action(行動)
    • 上記のうち、Attentionを認知段階、Interest、Desire、Memoryを感情段階、Actionを行動段階と区別する

 

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。