ユーザーエクスペリエンスデザイン

2013.4.29|用語集

このエントリーをはてなブックマークに追加

ユーザーエクスペリエンスデザイン(ゆーざーえくすぺりえんすでざいん)とは、カナダのトロント大学の助教授であったビル・バクストンが提唱したユーザー・インターフェースの設計理論。

 

 

ユーザーエクスペリエンスデザイン

意味

 

 

 

  • 読み
    • ゆーざーえくすぺりえんすでざいん

 

  • 意味
    • ユーザーエクスペリエンスデザイン(ゆーざーえくすぺりえんすでざいん)とは、カナダのトロント大学の助教授であったビル・バクストンが提唱したユーザー・インターフェースの設計理論
    • 英語表記は、User Experience Design
    • ターゲットユーザーの求める体験、求めるニーズ、求めるライフスタイル、そういった事を基にサービス・商品を設計し可視化させる事
      • 例えば、あるターゲットユーザーが保険を購入する場合、保険を購入する際の理由は幾つもあるはずである
      • 例えば「安さ」だけではない、「ちょうと満期なのでより良い保険に入りたい」「自分のライフステージにあった保険に入りたい」「ガンに備えたい」「必要最低限の保険があれば良い」等様々である
      • ユーザーエクスペリエンスデザインを使う事で顧客目線に沿ったインターフェイスやコンテンツを用意する事で無理なくターゲットユーザーの求めるゴールや問題における解決方法を提示して契約や購入に至らせる事が可能となる
      • 真逆にある事としてはサービス・商品そのもののスペックや説明に終始する事、ターゲットユーザーは自身の持つゴール達成や問題解決に興味があるのであり決してサービス・商品自体に深く興味がある訳でなはない事が多い為である

 

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。