焦土作戦

2013.1.21|用語集

このエントリーをはてなブックマークに追加

焦土作戦(しょうどさくせん)とは、買収対象の企業が、優良資産や収益性の高い事業を売却、もしくはわざと多額の負債を背負う事により、企業価値を下げ、買収者の買収意欲を下げる防衛方法。

 

焦土作戦

意味

 

 

 

  • 読み
    • しょうどさくせん

 

  • 意味
    • 買収対象の企業が、優良資産や収益性の高い事業を売却、もしくはわざと多額の負債を背負う事により、企業価値を下げ、買収者の買収意欲を下げる防衛方法

 

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。