貴重な事例・シーナ・アイエンガ―・「選択の科学 」(本)

2013.4.15|価値あるもの

このエントリーをはてなブックマークに追加

 先輩からもらった本です。この本ではとても印象深い事例が載っています。それはラットの実験の事例です。この事例は生物としてとても興味深い事例です。生物には遺伝子レベルできっと経験により裏付けられる生き残る力が身につくのだ思います。

 

 

貴重な事例・シーナ・アイエンガ―・「選択の科学 」(本)

ラットの実験の事例はかなり印象深いです

 

 

img_426490_9892198_0

 

  • 内容<「アマゾン『内容紹介』から引用』>
    • 概要
      • この本の冒頭に書かれている「選択権を持つことは生き物の基本的欲求である」という様々なデータをみせられると、考え込んでしまうことでしょう
      • 動物園の動物は、野生の動物より、はるかに食糧、衛生状態の面でめぐまれているにもかわらず、寿命は圧倒的に短い
      • たとえば野生のアフリカ象の寿命は56歳ですが、動物園のそれは17歳。動物園の動物には、過剰な毛づくろいや、意味もない往復運動などの神経症状をみせる動物が多いのです
      • その理由は、野生のときのような、「選択」ができないからだ、ということが明らかにされます
      • 人間だって同じであり英国の20歳から64歳の公務員男性1万人を追跡調査して、さまざまな職業階層と健康状態の比較を行うというものがあったが、その結果は、「モーレツ上司が、心臓発作をおこして40代でぽっくりいく」という予想と真逆の結果が出ていた
      • 職業階層が高ければ高いほど、寿命は長かった。これらは、職業階層の高さと仕事に対する自己決定権の度合いが直接相関していたことに理由がありました
      • これらを読むと、ある時期がきたら、親の制約はほどほどにして、「自己決定権」を子どもに与えていくようにしないと、健康問題をふくむさまざまなリスクが生ずるということがすっきりわかります
      • また有名な「ジャムの法則」と言う選択肢が多いからと言って、満足度が単純に増加するとは限らず選択肢が多過ぎると逆に満足度や充足度は低くなる事があるという法則についても載っています
      • スーパーにおける実験で、ジャムの品揃え数と実際に購入された数の相関を調べた結果、数多くの品揃えの方が買い物客の注目を集めたものの、実際にジャムを購入した客の人数は少ない品揃えの方が6倍以上も多かったという結果が出ている、人が何かを選ぶ時、少ない選択肢(4~6程度)を与えられた場合の方が、多い選択肢(20~30程度)を与えられた場合よりも、自分の選択・判断に確信を持ち、選んだものの満足度が高くなることが、一貫して実証されている
    • 著者について
      • シーナ・アイエンガ―
      • 1969年、カナダのトロントで生まれる、両親は、インドのデリーからの移民で、シーク教徒
      • 1972年にアメリカに移住。3歳の時、眼の疾患を診断され、高校にあがるころには全盲になる
      • 家庭では、シーク教徒の厳格なコミュニティが反映され、両親が、着るものから結婚相手まで、すべて宗教や慣習できめてきたのをみてきた
      • そうした中、アメリカの公立学校で「選択」こそアメリカの力であることを繰り返し教えられることになり、大学に進学してのち、研究テーマにすることを思い立つ
      • スタンフォード大学で社会心理学の博士号を取得、現在、ニューヨークのコロンビア大学ビジネススクール教授

 

  • 個人的な評価・星
    • 星★★★★☆(星4つ)
    • ラットの事例を始めとした、事例に基づいた話は本当に説得力があります

 

  • メリット・個人的な感想
    • 先輩からもらった本です
    • この本ではとても印象深い事例が載っています
    • それはラットの実験の事例です
    • この事例は生物としてとても興味深い事例です
    • 生物には遺伝子レベルできっと経験により裏付けられる生き残る力が身につくのだ思います
    • なお、ラットの事例とは以下のようなものです
    • 普通にラットを集団で選んで、ポチャンと水の入った筒の中に入れる、ラットは、浮こうとするか、這い上がろうとするのだが、実験者は、ラットに「水噴射」を浴びる事でラットに「泳ぐか溺死するか」の選択肢を与える
    • ラットには個体差が生じ15分で溺死したラットと、60時間も泳ぎ続けて溺死したラットに分かれる
    • 今度は、水噴射を与えて逃がすという事を数度繰り返し経験をさせた後で、先程と同じ実験をラットに行うと、殆どのラットが、60時間泳ぐようになる
    • 元々、ラットの中に、目の前の状態に対し、何としても生き延びてやるとするラットと諦めやすいラットがいる、しかし、両者とも、厳しさを乗り越えた経験を積むと、両者とも、どんどんハードルが上がっても、それを乗り越える

 

   以下のアマゾンや楽天の商品リンクで内容の詳細や口コミも確認出来ます、購入も可能です!事例が好きな方は是非読まれてみると良いです。

 

<アマゾン・商品リンク>

 

 

<アマゾン・商品リンク・お薦め> 

 

 

<楽天・商品リンク>

 

 

<楽天・商品リンク・お薦め>

 

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。