私達の経営理念である年輪経営について

2013.5.3|会社概要

このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴールデザインフォースの経営理念は「年輪経営」です。代表取締役社長の小山は過去の経営コンサルタントとしての経験から、お客様を第一に考えて会社がより安定したサービス・商品の供給を目指すのであれば、樹木が年輪を重ねていくように少しずつ堅実に成長していく事がより良いのではと考えています。

 

 

 

私達の経営理念である年輪経営について

樹木が年輪を作っていくように中長期的に成長を考えています

 

 

 ゴールデザインフォースの経営理念は「年輪経営」です。

 

 代表取締役社長の小山は過去の経営コンサルタントとしての経験から、お客様を第一に考えて会社がより安定したサービス・商品の供給を目指すのであれば、樹木が年輪を重ねていくように少しずつ堅実に成長していく事がより良いのではと考えています。特にIT事業においては急激な成長は衰退する時も急激に衰退していくと考えています、それは会社自体も倒産という状況になる事も多く、何よりもお客様に迷惑をかける事が一番多いと言えます。私達はお客様の事を第一に考え、中長期的に一緒に歩んでいけるパートナーとして経営を考えています。

 

 しかし、これは「ゆっくりとした成長」を意味している訳ではありません。自分達のサービス・商品は他の会社に負けないオンリーワンである事を自負して、お客様のゴールをデザインして達成していく事、そして私達自身のゴールをデザインして達成していく事に本気で取り組みます。お客様やクライアント様と笑顔や喜びを共有させていただたり、もしくは役に立ったりする事で、私達がこの世界に存在したという人生の生き様を少しでも残していきます。

 

  • ゴールデザインフォース・経営理念
    • 年輪経営
      • 私達は、お客様、クライアント様を第1に考え、誠実かつ本気かつオンリーワンなサービス・商品を、中長期的にお客様の成長と共に届けていきます 

 

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。