孤独のグルメ、何故か惹かれるものがありますね!

2012.6.7|価値あるもの 代取人生ブログ プラス思考癖 趣味

このエントリーをはてなブックマークに追加

 2012年6月7日(木)。皆さん、孤独のグルメというものをご存知ですか??最初は漫画から始まって少し時間が経ってからWeb上等の口コミで広がって現在テレビドラマにもなった作品です、この作品、何故か惹かれるものがありますね!

 

 

孤独のグルメ、何故か惹かれるものがありますね!

大スペクタクルだけがドラマではない訳ですね

 

goaldesignforce_image_20120607

 

 

 2012年6月7日(木)。

 

 皆さん、孤独のグルメというものをご存知ですか??最初は漫画から始まって少し時間が経ってからWeb上等の口コミで広がって現在テレビドラマにもなった作品です、この作品、何故か惹かれるものがありますね!

  •  孤独のグルメとは
    •  「孤独のグルメ」(こどくのグルメ)は、扶桑社の「月刊PANJA」誌上で1994年から1996年にかけて連載されていた原作・久住昌之、作画・谷口ジローによる漫画。個人で雑貨輸入商を営んでいる井之頭五郎(いのがしら ごろう)が、仕事の合間に立ち寄った店で食事をする様を描いたグルメ漫画。主人公が訪れる場所は高級料理屋などではなく、大衆食堂のような店がほとんどである。また、出先での食事がメインのため、出張など(7話・19話・特別編)を除けば大半が東京を中心とする関東の店となっている。料理の薀蓄を述べるのではなく、ひたすらに主人公の中年男の食事シーンと心理描写を綴っているのが特徴。ドラマティックな展開などは少なく、あたかもドキュメンタリーのごとく淡々とストーリーが流れていく。
      • <ウィキペディア(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AD%A4%E7%8B%AC%E3%81%AE%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%A1)より引用>

 

 連載後かなり経ってからWeb上で口コミで広がったというのはこの作品の特徴の1つだと思います。Webにおいては本当に良いもので共感を得るものはちゃんと広がっていくと感じます。

 

 また物語、ストーリーも経営者の男性がただ淡々と食事をするというところも1つの特徴。何故か面白い。面白い物語、ストーリーはハリウッドのような大スペクタクルだけではなくて日常の切り取り方にもよるのだなと改めて感じます。

 

 ドラマも始まり全て見てしまいました(笑)。この漫画の主人公である井之頭五郎のように何にも左右されない感じはちょっと憧れますね!お薦めの漫画とドラマです!

 

 

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。